蜂の活動期は夏から!蜂の巣は徹底駆除したほうがいい!/Insects In Room

害虫駆除を依頼しようか悩んだら

虫の季節の夏は様々な害虫トラブルが起きがちです。虫よけのスプレーをまくだけであれば問題はありませんが、蜂などの刺されたら命の危険があるものは、駆除しておかなければいけません。そこで、害虫駆除を業者に頼むメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

害虫駆除を業者に頼むメリット・デメリット

メリット

業者に頼むと、虫の特性を熟知しているので駆除効果が高く再発防止効果も上がります。また、命の危険があるスズメバチなどの駆除も虫に合わせた薬剤を使って対処してくれるので、自分で駆除するよりも安全が確保されているのが大きなメリットです。

デメリット

業者に頼むデメリットは、費用がかかることです。また、害虫を発見してからの依頼になるので、すぐに駆除することができないというデメリットがあります。

迅速で丁寧な応対です

蜂の巣

アシナガバチやスズメバチは、6月から8月ぐらいになると活動期に入るため、民家の近くや庭などに蜂の巣を作られる可能性があります。蜂に刺されると患部が赤く腫れあがったり、強い痛みや痒みを伴うのが特徴です。高齢者やお子様などの体のデリケートな人がいるご家庭は、もちろんですが、蜂のアレルギーがある場合はアナフィラキシーショックなどを起こす可能性があります。蜂の巣駆除の専門業者のスタッフに依頼すると、現地調査を行い侵入経路の特定をしてくれます。夕方から夜になると蜂の活動が低下するため、防護服に身を包んだスタッフが蜂の巣の撤去をしてくれます。蜂は元の場所に戻る習性があるため、侵入経路を塞いだり、専用の薬剤を使って駆除をしてくれます。蜂の巣駆除をした後は、アフターサービスも丁寧なので、安心して利用できます。

蜂の種類に応じた方法です

アシナガバチはスズメバチほどは、獰猛な性質は持っていませんが、繁殖期になると蜂の攻撃性が高まる場合があるため、民家や畑などに巣を発見したら、なるべく近寄らないことが大事です。蜂に刺されてしまったら、早めに病院に行って応急処置をしてもらいましょう。蜂の巣は大変危険なので、早めに専門業者を利用して蜂の巣駆除をしてもらうことが大事です。安全に作業をするために防護服に身を包んで、迅速に巣の撤去をしてくれます。信頼できる専門業者を利用すると、費用も適正なので安心して利用できます。事前に見積もりを表示してくれるので、金額に納得が出来たら蜂の巣駆除をしてもらうと良いでしょう。専門的な知識を持ったスタッフが在籍をしているため、蜂の種類に応じた方法を提案してくれます。費用の相談にも乗ってくれるので、幅広い年代の人が依頼しています。

広告募集中